会社設立

一般社団・財団法人 設立の流れ

1.定款作成

設立時の社員又は財産の拠出者が定款を作成します。

2.公証人による定款認証

作成した定款は管轄の公証役場で公証人の認証を受けて効力が生じます。

なお電子認証を行う場合は印紙代4万円が不要となります。

通常司法書士に依頼することで電子認証とすることができます。

公証人の手数料等は約5万2000円かかります。

 

3.一般財団法人は最低300万円以上の財産の拠出が必要

現金又は現物出資(債権、PC、車等)の方法でおこないます。

現物出資の場合は公認会計士等に証明書を発行してもらうのが一般的です。

 

4.役員の選任

定款に基づき理事、監事、評議員を選任します。

設立時の理事・監事は設立手続きが法令・定款に違反していないか調査します。

5.設立登記申請

主たる事務所の管轄法務局に設立登記を申請します。

登録免許税は社団・財団ともに6万円です。

設立登記の申請からおよそ1週間程度で完了する見込みです。

登記完了後に、登記事項証明書、印鑑証明書を法務局で取得し、

銀行口座の開設、税務署等への届け出を行います。