会計

会社設立後の経理業務の内容

 

会社の状態を把握して将来的な計画を立てて行くことを財務と言いますが、
会社の状況を把握することには経理が重要です。
経理とは、会社のお金などの出入りを記録して、会社の財務状況などを示す
貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表を作成
することや、確定申告によって会社の経営に関わる税金を正しく納めること
を指します。

経理業務の内容としては、大きく分けて「日々の経理業務」「月次の経理業務」
「年次の経理業務」の3つがあります。

 

日々の経理業務について

日々の経理業務には、現金の出納管理や、立替経費の精算業務、伝票の記帳・
整理といった、一般的に経理の仕事としてイメージしやすいものが多いです。

月次の経理業務について

月次の業務としては、取引先への請求・回収、取引先への支払、給与の
支払業務が大切な仕事になります。
また、毎月末ごとの月次決算及び余日管理も欠かせません。
月次決算の目的は、予算・計画との比較や、早々に経営の現状を把握して
迅速な対策をとることにあります。また、月々、帳簿の整理を確実にする
ことにより、年次決算が確実に行えるようになります。

年次の経理業務について

経理の仕事でもっとも大切なのは「決算の取りまとめ」で、年に一回は
なからずしなければいけない業務になります。
3月決算を想定した会社であれば、3月の終わりから決算に向けての
準備を始め、実地棚卸や現金などの残高確認といった決算作業、法人税や
所得税の確定申告と続いていきます。

起業時の経理を自力ですると業績が落ちる?

ビジネスを実践する場において、避けて通れないのが経理です。 
日々のお金の出入りを管理しないと、事業は立ち行かなくなります。

しかし、起業される方の全員が経理が得意というわけではありません。 
本来のビジネスに情熱を注ぎたいこみたいところに、得意ではない経理に
時間を取られるのは苦痛以外のなにものでもありません。 
起業時に自力で経理を行うと、さまざまな問題点が出てきます。

1.領収書や伝票整理が滞ってしまう

起業家自身が経理を行っている場合、本来のビジネスに時間を回し、
経理に時間が割けず、伝票整理が後回しになってしまいがちです。

2. 溜まってしまった伝票をまとめて処理すると正確な記帳がしづらい

伝票を整理せずに時間が経ってしまうと、記憶が薄れて、正確な帳簿の作成が 
困難になってしまいます。

3. 慌てて処理をするとミスが多くなり、かえって時間が無駄になる

時間がなく、慌てて帳簿の作成をするとミスが多くなります。
また、ダブルチェックや修正などで多くの時間が割かれることとなります。 

経理業務から解放された途端、業績がアップする方が多い訳はここにあるのです。
会社設立後の経理業務は、複雑で時間も必要です。 


「START UP+S」は、創業(START UP)に際し、その道のプロである士業・
 専門家(S)が質の高いサービスを提供しています。

会社設立専門だからこそ、 会計までサポートします。 
是非、私たちに経理業務はお任せになり、本来のビジネスに力を注いでください。 
私たちは、すべての起業家さまの成功を応援しています。